忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Oquto
性別:
男性
自己紹介:
PaperVision3Dに対して非常に興味を引かれたため、
日々Flash+ActionScriptの勉強中。
バーコード
最新コメント
[08/01 moz]
[01/27 小達]
[10/28 mtnr]
[04/13 名無し]
アクセス解析
PV3Dとactionscriptを覚える雑記。 2007年4月開始
<<  2020/04  >>
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
2020/04/08  00:50:39
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/05/05  20:58:06
昨日記述分だとFlashDevelop上でMXコンポーネント(クラス?)が使えなかった。
いろいろ調べて使えるようにする方法がわかったので記述しておく。

FlashDevelop\Data\ProjectTemplates\07 Apollo Projectの
build.xml内'<target name="compile">'部分を以下のように修正する。


<target name="compile">
<exec executable="${flex2.dir}/${as3compiler}">
<arg line="+configname=apollo " />
<arg line="-source-path '${basedir}/${source.dir}'" />
<arg line="-default-frame-rate=${framerate}" />
<arg line="-default-background-color=0x${background.color}" />
<arg line="-default-size ${width} ${height}" />
<arg line="-strict=true" />
<arg line="'${source.file}'" />
<arg line="-output '${output.file}'"/>
</exec>
</target>




このように修正するとMXコンポーネントを扱っているソースも問題なくコンパイルできるようになる。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © FlashとPV3D覚書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]